お知らせ

2017年9月20日(水)ご注文実績の写しを更新しました。
2017年9月20日(水)
商品情報(一閑張り)を更新しました。
2017年9月20日(水)
ブログ(神の国からお嫁をもらった?)を更新しました。
2017年9月19日(火)
ご注文実績の写しを更新しました。
2017年9月19日(火)
商品情報(レコード作成現場)を更新しました。
2017年9月19日(火)
ブログ(書斎がくつろぎと仕事の空間)を更新しました。
2017年9月18日(月)
ご注文実績の写しを更新しました。
2017年9月18日(月)
商品情報(クラフトかご)を更新しました。
2017年9月18日(月)
ブログ(納豆のようなつながりシステム)を更新しました。

ブログ

神の国からお嫁をもらった?

こんにちは
服部です。

 


本日は新月です。

夜の空は真っ暗です。

部屋の電気は小さな灯りだけは、
灯しておいたほうがよさそうです。

 

 

さて、
もうすぐ神無月になり、
全国から出雲に神様が、
集まられます。

 


出雲というと、
よく神の国と、
聞かされてきました。

 

特に覚えているのが、
因幡の白兎です。


子供ながらに、
大国主は「とてもやさしい神様!」と、
絵本を片時も離さなかった、
幼稚園時代を覚えています。

 

その大国主神。

1993年のこの本の出現で、
にわかに、
その配置の不思議が、
クローズアップされました。

 

出雲大社御本殿平面模式図。

 

大国主神を、
横から拝むようになっている?


不思議です。

諸説あるようですが・・・。

 


古代の謎?は、尽きません。

 


2008年。


60年に一度といわれる、
本殿特別拝観をした時、
この謎は、
誰も真実がわからない?
「古代ロマン」と理解しました。

 


それほど拝観時、
「ここは」
「そういうレベルを超越した」
「神聖な地」と、実感したからです。

 


だからこそ、
父がよく言っていた、
「出雲の国から、お嫁に来ると」
「神の国から、お嫁をもらった」
と、いわれていたのでしょう。

 


生涯に一度の、
妻同伴の体験でした。

 


ありがとうございました。

 

商品情報

・参考一閑張り4分35秒   

・参考レコード作成現場2分46秒   

・参考 クラフトかご 1分27秒